FC2ブログ

Ruins old tale

鉱山調査記録、廃墟写真をメインで更新しています

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 鉱山  

Mine04


軌道二車線分の広く一直線に長い坑道が続く。


直進すると分岐がいくつかあったが、いずれも少し広い空間になっていた。
休憩所や資材置場の様な小ホール状で、何か設備があったものと思われる。


メインの坑道から逸れて、枝別れしてる坑道を行くとベルトコンベアの残骸を発見。
コンベアを取り巻くように狭い坑道が続いていた。


水の滴る坑内を更に進む。


木造の立坑ケージ跡。木造ではあるが、少し手直しされている。
慎重に下部を覗くと水没していた。
これは新立坑でここから地中-200mLまで降りていた。


崩落を乗り越えてケージの奥へ進むと広いホール状の空間があり、ここが巻上室だった事が伺える。
だが巻上機は既に撤去されており、レールが引かれている。
奥側にはバッテリー充電設備もあった。


ここの位置は巻上室で間違いなさそうだがレールが引かれている事から、晩年はトロッコ停車場とバッテリーロコの充電室として使用していたようだ。
軌道の終点にはバッテリー交換用の台座基礎がある。手前には普通の長靴よりも一段と長い作業靴が置いてあった。


真横に伸びる坑道を進むと再び広い空間になっており何故かまた巻上室があった。
こちらは基礎が残っており、恐らく先程の巻上室を廃止してここへ新たに巻上設備を移設したようだが理由は分からなかった。


立坑ケージの近くには火薬庫もあったが、内部は湿気により木材が腐り崩壊していた。
スポンサーサイト

Newer EntryMine05

Older EntryMine03

 

Comments

Leave a comment







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。